記事
ドラマ『プリースト(仮)』エクソシスト師弟の「特別なケミストリー」
2018.11.07

韓国の記事にウジンさんの記事が掲載されていましたので、皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ドラマ『プリースト(仮)』 ヨン・ウジンXパク・ヨンウ、エクソシスト師弟の「特別なケミストリー」


©OCN

ドラマ『プリースト(仮)』 ヨン・ウジンとパク・ヨンウが師匠と弟子、
そしてお互いに頼れるパートナーとして特別な師弟ケミストリーを見せる。

OCNの新土曜オリジナルドラマ『プリースト(仮)』で、悪の力と対立し、
生命を守り抜くエクソシスト オ・スミン(ヨン・ウジン)と、ムン・ギソン(パク・ヨンウ)。
11月5日(月)に公開された映像で、両極端な雰囲気を醸し出し、
師弟間のおもしろいケミストリーに期待がかかる中、
比較不可能な二人の魅力を分析してみた。

#1. 新 行動派 vs. 旧 行動派

言葉よりは行動、祈祷よりは実践が先のスミン。
付魔者と疑われる人物を見つけるなど、疑わしい事が起こると体が先に動くせいで、
毎回、ギソンから警告をされるが、実はスミンが行動派になったのはギソンの影響が大きい。
現在とは違い、8年前まではギソンも言葉よりは拳が、
罪を悔い改めるよりは罪の対価を支払う方が楽な行動派だったからだ。
果たしてギソンを変えた8年前の事件とは一体何なのか。

#2. 覇気いっぱい vs. 何事にも慎重

人生の答えは天主にあると考える神父スミン。誰よりも深い信仰心を持った彼は、
どんな悪魔の前でも絶対に恐れない覇気を見せる。一方、ギソンは8年前の事故以後、
何事にも慎重に対応する性格になった。そのため、行動が先に出てしまうスミンを誰よりも心配し、
「お前一人で手に負える奴ではない」という現実的な忠告も惜しまない。
師弟間の格別なケミストリーが期待される。

#3. 陽気なエネルギー vs 火のような性格

メイン予告編で、椅子に座り居眠りをして覚めた後、寝ていない振りをしながら
「賛美キリスト」とつぶやき、恐怖の静寂を破ったスミン。
少し不器用だが、あふれる情熱で恐怖の中でも愉快さを見せる彼とは違い、
ギソンはまだ完全には消せていない昔の火のような性格で度々かっとなる姿を見せながら、
意外な一面を披露する見込みだ。長年の縁で絡み合いながらも、
魅力だけは全く違う彼らの物語が気になる理由だ。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2016 JUMP ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂