記事
ドラマ『プリースト(仮)』 ヨン・ウジン「明るくてポジティブなエネルギーにあふれている」
2018.10.25

韓国の記事にウジンさんの記事が掲載されていましたので、皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ドラマ『プリースト(仮)』 ヨン・ウジン
「ジョン・ユミ、明るくてポジティブなエネルギーにあふれている」



©OCN

エクソシストと医者という独特の組み合わせだけでも
好奇心を刺激するドラマ『プリースト(仮)』の主演俳優
ヨン・ウジン、ジョン・ユミ、パク・ヨンウ。
彼らがぞくぞくする恐怖よりも熱い演技の呼吸を誇っている。

<中略>

ドラマの中で宗教と科学、お互いの違いを乗り越えて行き、
悪の手から生命を守り抜こうとするヨン・ウジン、ジョン・ユミ、パク・ヨンウ。
先日10月19日(金)に公開されたメインポスターを通じ、
想像することができなかったエクソシストと医者の助け合いに期待感を高めた3人が、
特に暑かった夏からうんと凉しくなった秋まで、共に呼吸を合わせているお互いについて語った。

まず、コインの表裏のように、それぞれ違った人生を生きて来たが、
生命の前で手を握ることとなるヨン・ウジンとジョン・ユミは、
「映画を通じ、一度呼吸を合わせた経験が良い効果をもたらした。
現場で演技する時は、気持ちが楽で良い」とし、固い信頼感を語った。
これに続きヨン・ウジンは、ジョン・ユミを「明るくポジティブなエネルギーをまき散らす俳優だ。
ドラマとキャラクターに対する悩みも激しく、その努力が自分にも刺激になる」と伝え、
ジョン・ユミもヨン・ウジンを「演技に臨む姿勢や相手を配慮する姿がとても素敵な俳優」とし、
褒め言葉を惜しまなかった。 説明の必要がない阿吽の呼吸が予告される。

それなら、似ているようで違ったヨン・ウジンとパク・ヨンウの師弟ケミストリーはどうか。
ヨン・ウジンは「空のような存在の先輩だと思っていたが、
良い人生の先輩であり、愉快なお兄さんとしての姿をたくさん見せてくれたおかげで、
監督と共に、現場のリーダーとして多くの方々が頼っている。
全般的な作品のディテールを細かくチェックしてくださり、多くの助けを借りている」
と言う言葉でパク・ヨンウに対する無限の愛情を表現した。
パク・ヨンウもまたヨン・ウジンに対し「とても良い」と、短いが重みのある言葉と共に
「撮影すればするほどより良くなる感じで、一緒に演技をする度に
私がエネルギーをもらっているようだ」と語り、期待感を高めた。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2016 JUMP ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂